BLOGブログ

ARCHIVEアーカイブ

過去のブログはこちら

2019/10/08

vs慶應義塾大学

10月6日、慶應義塾大学と慶應義塾大学日吉グラウンドにて定期戦を行いました。

 

日本最古の歴史を誇る定期戦は今年で第102回目を迎えました。

試合前には、メンバーへのジャージ渡しと優勝盾返還式を行いました。

 

試合は生憎の雨の中、13時にキックオフしました。

 

前半9分、15山口楓(2)が先制トライを決め5-0とします。

 

そのまま流れを掴みたい同志社大学でしたが、前半13分に慶應義塾大学にトライを返され5-7とリードを許します。

その後も、前半18分・29分と慶應義塾大学に続けてトライを奪われ、5-21とリードを広げられてしまいます。

反撃したい同志社でしたが、上手く攻め入る事が出来ず5-21で前半を折り返します。

 

 

後半戦、なんとかリスタートを切りたい同志社でしたが後半3分に慶應義塾大学にトライを許し5-26とします。

後半12分に22江金(4)がトライを挙げ12-26としますが、

その6分後には慶應義塾大学がトライを挙げ12-33と一進一退の攻防が続きます。

後半28分、12和田(2)がトライを決め17-33とリードを縮めますが、

その後は互いに譲らない時間が続き17-33でノーサイド。

 

日本最古の定期戦、今年度は惜しくも敗戦してしまいました。

 

試合後にはアフターマッチファンクションを行い、ペナント交換と優勝盾返還式を行いました。

また、食事をしながら両校の交流を深めました。

 

結果は惜しくも敗戦してしまいましたが、遠方にも関わらず温かいご声援を頂きまして誠にありがとうございました。

 

20日に控える明治大学定期戦とAリーグ後半戦に向け気合いを入れ直し、日々の練習に取り組んで参ります。

 

今後とも同志社大学ラグビーをを宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ一覧に戻る